お庭とエクステリアを通じて感動をお届けいたします。

為せば成る為さねばならぬ何事も by上杉鷹山

こんにちは(≧▽≦)

今日の打合せ 館林市 T様ありがとうございました(*^▽^*)

今日は鴻巣市で境界工事のブロック積工事を行いました♪
今日も萩原に教わってブロック積工事を初めて行いました(*´▽`*)
萩原は前から言ってたんです。外構工事はブロック積が基本だから覚えてもらいたいって。。。
だから今日は念願の日。。
体調を整える為に昨日早く寝たのは言うまでもありませんWWW
小学校の遠足みたいだな(笑)

今日のタイトル
『為せば成る為さねばならぬ何事も 成さぬは人の為さぬなりけり』
これは江戸時代の米沢藩主 上杉鷹山が伝えたお言葉です。
どんなことでも強い意思をもってやれば、必ず成果がでるというやる気を説いたお言葉ですね( *´艸`)

少しお話しが長くなりますが。。。
上杉鷹山とは、9代目藩主になり、藩祖には義で厚い有名な上杉謙信がいますね。
愛の兜をかぶった直江兼続も有名です( *´艸`)
武田信玄と争った川中島合戦。。。

然し。。
武田信玄が、今川氏と北条氏に塩留めをされてしまい窮地に陥ってしまったとき、、、
上杉謙信は、かの君がこんなことで滅びてはならない。と敵の武田信玄に塩を送り、窮地を助けたという
泣けるエピソードもございます。

そんな上杉謙信も、徳川家康派と豊臣派の関ヶ原の戦いで、豊臣派について負けてしまったから大変(-_-;)
国を小さくされてしまったんです。
国を小さくされ、お米などをつくる生産者も激減してしまったけど、もとは大きいお国だったから役所につとめていたお侍さんが多くて
財政はひっ迫。。。
国がつぶれてしまうところを改革したのが、上杉鷹山。。。『大倹約令』をだしたことも有名です。
この上杉鷹山。たしか18歳とか19歳でお殿様になっています。

並々ならぬ人に言えぬ苦労もあったと思います(;´・ω・)

そんな上杉鷹山が説いた言葉『為せば成る為さねばならぬ何事も』

人って新しいことを始めるとき、『私にはできないとか。。』口にするひといらっしゃると思います。
謙遜していってる方も多数いらっしゃると思いますが、、、

『できない』ということを誰かに言われたのだろうか。
今日初めてブロック積をする前。こんなことを思ってました。。。

僕は、誰かにお前はできないと言われたことがあったかなぁって。。。
結局できないとか決めているのは自分自身だけだったと気づきました。

子供には、『大丈夫。必ずできるからやってごらん。』といいつつ
自分自身になってみると『僕にはできない 無理だ』とか。。。

この矛盾( ̄▽ ̄;)

急に僕だって飛行機つくれるわけじゃないけど。。
やる気をもってやってればいつかできる。みんながその可能性をもっている。
だから、その可能性を自分自身で潰してはならないと思う。

無駄な日なんて絶対にないよね( *´艸`)
たゆまず歩んでいけば、今日という点が明日という点につながり、やがてそれは点が結び線になっていく。。。
線は道になり、できないことができるようになっていく。。。
そして今日、ブロックが積めるようになりました(*^^*)

ちなみに、一緒に講習を受けているのは、忙しいときに助けてくれる ベトナム人のズンちゃん。
とっても気のいい子。。
ズンちゃんも何か勉強になればと思って、呼びました(≧▽≦)

今日も長文ですみません( ̄▽ ̄;)


IMG_4422
IMG_4414
IMG_4421